忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

媒介


Googleが提供している機能、「セーフ ブラウジング」。他に何が分かるかというと、不正なソフトの感染を広げる媒介をしていたかどうか。こちらは、「過去90日間に○○○(めいんブログのURL)が他サイトへの感染媒体となっていた形跡はありません。」おぉ、良かった。感染媒体になっていたら他の人にメーワクをかけてしまうってことですもんね。これはメーワクをかけないようにしなくてはなりません。他にはサイトで不正なソフトウエアをホストしていたかどうか。こちらは、「いいえ、このサイトでは過去90日間に不正なソフトウエアのホスティングは検出されていません」。これまた良かった良かった♪^^。次のステップというのも表示されていまして、・前のページに戻ってください。・このウェブサイトの所有者の場合は、Googleウェブマスターツールを使用してサイトのリクエストを審査できます。審査手続きの詳細については、Googleウェブマスターヘルプセンターをご覧ください。との記載がありました。このGoogleウェブマスターツールを利用するには、Googleアカウントが必要です。Androidのスマートフォンを持っていればGoogleアカウントはあると思いますので、そのアカウントでログインすればいいと思います^^。Android搭載のスマートフォンを使う前に必ずGoogleアカウントの登録を要求されます。Googleアカウントを登録しなければそのスマートフォンを使うことが出いないので、渋々登録しましたよ・・・^^;。ですが・・・、その登録したGoogleのメールアドレスとパスワード忘れてしまって、ログインできません私・・・^^;。Googleアカウントを登録したの2年前くらいだし、なんとなくメールアドレスはアレかなぁ・・・というのはありますが、パスワードの検討が全くつかないのです。テキトーに登録したのが間違いでした^^;。早くスマホ使いたかったので(涙)。

SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る

催眠を使った退行で前世情報を知る方法、ヒプノページ
退行 前世

安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
PR